髪の痛みを治す方法




髪質改善美容室 スターベリーズの大間です。




今日は【髪の痛みを治す方法】について話していきたいと思います。


スターベリーズでは、4年前くらいから髪質改善をメインテーマにしてきたのですが、なぜ【髪質改善】をメインテーマにしているのか?

からお話しさせて頂きたいと思います。


1.髪のダメージに悩んでいる女性は世の中に沢山いるという事

2.間違った髪のケアの仕方やトリートメントやシャンプーの使い方が広がっているから

3.自分のなりたいスタイルになるにはまずは状態の良い髪が必要だから

4.美容師である自分が出来ることだから

5.かんたんに出来ることではなく、むずかしいことだから

6.シンプルに自分から見ても女性の髪は綺麗な方がいいと思うから




こんな理由からスターベリーズでは【髪質改善】を本格的に考えてやらせて頂いております。




では、髪の痛みを治す方法とはどうすれば良いのか?

どうすれば髪の痛みがなくなるのか?



答えは 髪の痛みは治らない


です。



今日のお話が終わってしまいそうな答えですが、これが事実だったんです。



では、髪の痛みが気にならなくなりさらに美髪と呼ばれる髪になるにはどうすればいいのか?



まずは、髪が痛まないようにケアをする

これが一番大事なことで、徹底的に髪のダメージの原因となるものを無くしていきます。

すぐにあなたにも出来ることはあって

・お風呂上りの髪を完全ドライ(9.5割)する

・濡れた髪を乾かす時に、毛さきと髪の表面に流さないトリートメントをつけてから乾かす。

・乾かす時はなるべくドライヤーは頭の上から下に向けて風をおくり、てぐしを通しながら乾かし
毛さきまで指で撫でながら乾かす。


他にもいろいろありますが、この3つを毎日意識する事で髪質は改善されていきます。



次は美容院での施術で気をつけること

これは、美容師である自分たちが意識する部分ですが

・一月に一回は毛さきだけでもカットする

・年間通してヘアカラーをする時は、なるべく根元染め(リタッチ)の回数を増やす。毛さきまで染めるのは大事な時だけにする。

・毛さきを梳きすぎない。

・パーマの一回目につけるお薬の放置タイムをなるべく短くする。(デジパーやクリープで補う)

・カラーやパーマのアルカリ剤を使う時は、最後にアルカリをなるべく落としコーティングさせるようなトリートメントは使わない。

・縮毛矯正も根元の伸びた部分を中心にしていく。


これだけを意識するだけでも、年間通して髪は大分変わっていきます。

他にも髪質が改善されていく要素はたくさんありますが、髪の痛みを治していくにはまずは最低限これくらいは必要になります。



その他のスターベリーズで紹介している美髪ケア☆





美容師としてのご自宅での一人一人に合わせたアドバイスシート☆





髪の痛みは時間をかければ改善されていくものです。一人で悩まずに髪専門の自分達にまずは相談してみてください。

来店までされなくても、メールでの質問だけでも歓迎しております。